ここをクリックして今すぐ申し込む

インサイド起点のハーフコートオフェンス
~國學院久我山高校 酒井良幸 監督 ~

▲上の画像をクリックで再生

酒井監督の指導方法は多くの選手・指導者から推奨されています

ウィタカ ケンタ

久我山高校OB
プロバスケットボール選手
ウィタカ ケンタ

今回母校である國學院久我山高校の酒井先生がDVDを出すと聞いて推薦させていただきます。自分自身は中学1年生からバスケットボールを始めましたが中学校はあまりスポーツに力を入れてなかったこともあり、本格的にバスケットボールに取り組み始めたのは酒井先生に呼んでいただいた久我山に入学してからでした。高校の3年間ではディフェンスの基礎とインサイドプレーを多く学び今の自分のプレーのベースとなっています。久我山では「堅守考攻」の考えを元に多くのディフェンス練習そしてハーフコートバスケットの練習を行なっています、これはどのようなスタイルのバスケットにも応用できるものだと自分は思いますし、高校時代に学んだ考えてバスケをするということは今でもポジショニングやオフェンスのスペーシングに活きています。
酒井先生からはプレー面はもちろんメンタル面においても多くのことを学びました。バスケだけではない日々の生活や心のあり方などは大学時代、そしてプロになった今でも生活の中にあらわれていて今の自分を形成していると思います。 このように多くのことを教えていただいた酒井先生のDVDを是非各チームの練習に取り入れてみてください。

東 英樹

バスケットボール
ジャパンアカデミー
(bjアカデミー)
代表理事
東 英樹

世界のバスケットボールは、度重なるルールの変更に伴いスピードアップが要求され、センターでさえもスリーポイントやドライブからゴールにアタックするスキルを要求されています。しかし、そういう時代であっても、やはり大切なプレイは、ハイロープレイになります。そのプレイを、恩師の手塚先生の教えを守り、実直に遂行している酒井先生は素晴らしい指導者です。ゾーンの要素を含んだマンツーマンディフェンスが今後主流になります。それを打ち破るヒントがこのビデオに纏められていますので、このビデオを通して今後の指導に生かしてください。

トカチョフ サワ

久我山高校OB
ユーチューバー
トカチョフ サワ

センター陣各々の面張りのコツから、ダブルセンターを起用した際の多種多様なオフェンスバリエーション、アウトサイド陣との連携など、内容盛り沢山のDVDになっております。アウトサイド主流のバスケ界の中、インサイドの安定感は中盤、そして終盤でカギになることが極めて多いです。全国の第一線を経験したOBとして、そのようなことを思うことは多々ありました。こちらのDVDではそのような闘いを勝ち抜くためのノウハウを惜しみなく詰め込みました。是非、観て頂いてご自身のチームの戦力底上げに活かして下さい。

沼波 望

育英高校監督 沼波 望

大学の先輩でもある酒井良幸先生は、大学の頃からバスケットボールの視点が他の人と違い、より効果的で効率の良いバスケットはないかと常に研究される方でした。 國學院久我山高校と練習ゲームを行うと、いつもロースコアに抑えられ、ゲームをコントロールされます。そのオフェンスのデザインはいつも勉強になり驚かされます。 今回のDVDでも大いに参考にさせてもらい、マイチームの選手たちのバスケットIQの向上に役立てたいと思います。

沼波 望

流通経済大学コーチ
小谷 究

多くのチームが、自チームのスタイルについて「ディフェンスからのファストブレイク」と述べます。私のチームのプレーヤーも、この例に漏れず「チームのプレースタイルは?」という質問を投げかけたら、同様の回答をするかもしれません。こうした背景には、ファストブレイクを主体としない、つまり、ディレイドオフェンス等を主体とするチームの情報が不足していることがあるのかもしれません。決してファストブレイクを主体とすることを否定するわけではありませんが、どのチームも同じでなにか面白みに欠けます。こうしたなか、ディレイドオフェンスを主体とする特異なチームが國學院久我山高校です。そして、当該チームを指揮するのが本DVDにおいて「インサイドを起点としたハーフコートオフェンス」を紹介する酒井良幸先生です。先述したとおり、日本の多くのチームが、まずファストブレイクを狙うスタイルをとるため、本DVDの内容は、多くのコーチにとって貴重な資料となるでしょう。本DVDを契機として、日本においてより多用なバスケットボールが展開されることが期待されます。是非、ご視聴いただき、戦術を考察する際の一資料としてください。



※掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

國學院久我山高校 バスケ部監督酒井 良幸(さかい よしゆき)

酒井 良幸

経歴

生まれ 東京都
出身高校 國學院大學久我山高校
大学 日本体育大学

チーム成績

インターハイ 22回出場
ウィンターカップ 14回出場
1994年準優勝

全国常連校を率いる名指導者

中学校からバスケを始め、自身も選手として國學院久我山高校バスケ部で青春をバスケとともにすごす。3年時に副キャプテンを務め、インターハイ出場を経験。
その後、日本体育大学バスケ部の1軍のトレーナーに就任。大学時代の4年間でインカレ優勝2回、準優勝2回を経験。
大学卒業から4年後の2006年に、アシスタントコーチとして恩師、手塚政則先生と共にチームに関わる。2008年、國學院久我山高校の専任教諭、またバスケ部の監督に就任。これまで監督として、インターハイ出場8回、ウィンターカップ出場3回を経験。
最高順位は、2013年ウィンターカップベスト8。
何のためにバスケットをやっているのか、何のために日本一を目指しているのか、何のために生きているのか、志や使命を持って社会に大きく貢献して欲しいという願いから、バスケの指導だけではなく、社会で必要とされる人財を輩出することに重点を置き、日々バスケットボールを通じて生徒と向き合っている。

試合で得点を重ねる強豪校の選手たち

試合で得点を重ねる強豪校の選手たち

笑顔でコートを駆け回る姿に、ベンチの仲間たちも大きな声援を送ってくれる。
そんな最高のインターハイを想像しただけで、胸が高鳴りませんか?

私もバスケ指導に携わって20年以上。

だからこそ、試合で活躍をしたい選手の気持ちや、お子様の活躍を心から願う、指導者・親御さんの気持ちがよくわかります。

  • 他のチームよりオフェンス力がない…
  • 攻撃センスがないのではないか…
  • 何をすれば得点力を伸ばしてあげられるのか…

しかし、このサイトを訪れたあなたは今、このような悩みを抱えているのかもしれません。。
しかし、ご安心ください。
今、生徒の皆さんが思うように得点をできないのは、まだ「オフェンスの仕組み」を知らないだけ!センスに任せたオフェンスではなく、しっかりと基礎を理解することでその心配を、解決することができます。
今からその方法をお伝えします!

ほんの少しのお時間でかまいません。私にお付き合いください。

これでバンバン得点できる、という嘘

世の中には、様々な指導教材がたくさんあります。
しかし、その練習方法には実績がありますか?

世の中には、たくさんのオフェンス指導法があり、本や教材も豊富です。

しかし、練習方法に実績が伴っているものは、どれくらいあるでしょうか?

もし「この方法ならば、バンバン得点できます」というなら、それは嘘。 なぜなら、あなたのチームに合ったオフェンス方法は、チームメンバー自身で見つけていくものだからです。

チームによって、選手の身長、体重、ハンドリングスキルはみんな違いますよね。得意なプレーやチーム内の連携具合も、もちろん違います。

なのに、小手先のスキル・方法論に飛びつくから、うまく得点ができないのです。

小手先のスキルや戦略で得点できるなら、どのチームも実践しているはずですよね?

しかし、そうではないから、チームごとに違ったオフェンスを展開しているのです。

監督や外部コーチに教わっても、たくさん本や教材を試しても、得点力が向上しないのは、決して選手たちのポテンシャルがないから、努力が足りてないからではありません!

まだこのオフェンス指導方法に出会っていないだけなのです。

こんな教え方では生徒たちは成長しない

「どうしたら得点できるのか?」ではなく
「どうして得点できないのか?」という原因を考えることが大切。

長年、高校バスケに携わってきて気づいたことがあります。
それは、多くの選手が「どうしたら得点できるのか?」を考えているということ。

「シュートフォームが違う」とか、「ボックスアウトができてない」とか、
細かなスキルばかりを教える。

ハッキリと言います。それだけでは、得点を量産できるチームになることはできません。
たしかに、基礎スキルは必要不可欠です。
しかし、1つ1つのプレー精度だけではなく、オフェンスというより大きな枠組みを理解して、オフェンスを展開することが重要なんです。

だから、まず取り組まなければいけないことは、どうしたら点が取れるのか?ではありません。
「なぜ、得点ができないのか?」なのです。

つまり、イージーバスケットができない、リバウンドが取れない、相手ディフェンスを崩せない……。そんな得点ができない原因をあぶりだして、解消していく。

そんな引き算方式のアプローチをすることで、自然と効率的に得点ができるオフェンスを形成することができます。

そして、選手・指導者を含む、チーム全体でオフェンスの枠組みを理解できたチームは、
チームの個性を生かした独自のチームオフェンスを実践できるようになる!

教えるだけでなく、選手自らが考え、細かなスキルを習得して、チーム全体として得点力を身に着けていくことができるのですが…
あなたはこう思ったのではないですか?
「その上手く得点できない原因がわからないのですよ」と。

しかし、ご安心ください。
得点を量産できない原因を明らかにするための方法があるんです。

センスに頼りの攻め方を脱ぎ捨てオフェンスの基礎を確立する方法

パスやシュートをセンスに任せない
身体の仕組みを理解することが重要です。

ほとんどの本や教材では、あれはダメ、これもダメとたくさんのNGを押し付けてきます。
しかし、それでは「やってはいけない」ばかりを意識してしまい、
「本来こうすべき」というプレーをすることができなくなってしまいます。

本当にチームが「得点を量産するオフェンス」を見つけるのに必要なのは、
「身体とオフェンスの仕組みを理解する」だけ。

身体の仕組みを理解することで、無駄のない個人スキルが身に着き、
オフェンスの基礎基本を、チームの共通認識とすることで、「得点を量産するためのオフェンス」の基礎を形成することができます!

私が見つけた「オフェンスの基本」を、シンプルな基礎トレーニングと練習に落とし込みましたので、監督・選手ともにご覧になってください。

コツコツと続けることで、オフェンスの基礎が高いレベルで実現できます。そして、基礎ができれば、チームの個性を活かした独自のオフェンスシステムを見つけることができるでしょう!

酒井監督の指導を受けた生徒から指導を絶賛する声が、続々と届いています

石坂悠月

高校U16日本代表
国体キャプテン
(国民体育大会第5位)
石坂悠月(3年)196cm

自分の所属している國學院久我山高等学校でのチームスタイルは堅守考攻です。國學院久我山高校は全国的にみても平均身長の高いチームであると思います。
久我山の伝統とも言えるインサイドを中心としたバスケットを教えてくださるのは顧問でもあります酒井先生です。
酒井先生は特に、インサイドを使った攻め方をその場その場に応じて、
冷静に判断し、指示をしてくださっています。
全国では珍しいインサイドの攻守におきましては、全国トップクラスの高校であると自分自身も思っております。
そのため、このDVDは他のどんな映像に比べましても、珍しいとても貴重な映像になっていると考えます。
様々な状況での攻め方、トレーニングの仕方など細くても、とても重要な部分を紹介しています。
是非ともこの映像をご覧になってください。

石水鴻

本校キャプテン
国体選手
(国民体育大会5位)
石水鴻 (3年)183cm

私が所属する国学院大学久我山高等学校男子バスケットボール部では、「ハーフコートバスケット」を軸にオフェンスを展開しています。そしてその指導をしてくださっているのが顧問の酒井良幸先生です。
私の所属する部は平均身長が高く、運動能力に長けている選手が多く、また、頭脳派選手もいます。酒井先生はここに目を置き、チームの強みを最大限に活かすために他チームのオフェンスシステムとは違うインサイドを起点としたバスケットを丁寧に教えてくださいます。近年では、これに合わせてスリーポイントやドライブなどをするアウトサイドプレイヤーにもより力を入れて指導してくださります。また、チーム編成にあたってもただ身長の高いプレイヤーだけを多く起用することはせず、たとえ身長が低くてもチームに貢献できる、且つ役割を果たせるプレイヤーと合わせて起用し、身長的にも能力的にも必ずバランスのとれたチーム編成をしてくださります。今回のDVDはそれを可能にするための基盤となるものです。なのでより良いチーム作りと戦術のための参考になると私は思います。

柳田大斗

国体選手
(国民体育大会5位)
柳田大斗(2年)199cm

最近のバスケットでは全体的にスリーポイントシュートで得点を多く稼いでいる印象を受けますが、國學院久我山高校では酒井先生の指導の下、スリーポイントはもちろん、インサイドでのバスケットカウントからの3点プレーを多く取ることを心がけています。ですがインサイドでの得点はそう簡単ではありません。インサイドへどのように上手くパスを繋げるかが大事になってきます。このDVDでは酒井先生が考えた、よりセンターが簡単にインサイドでプレイ出来るようなフォーメーションを説明しています。



※掲載している内容はあくまでも個人の感想です。

だから、得点力が身に着く「國學院久我山高校のオフェンス指導の極意」3つの理由。

1.特別な練習ではない!國學院久我山高校バスケ部員の身体を作る
基礎トレーニングを解説!

基礎トレーニングを解説!

パス・シュートに必要な身体の動きを解説!
だから、無駄のない筋肉・個人スキルが身に着きます!

「こうやって打ちなさい」――というように型にはめるのが一般的なシューティング指導。しかし、うまく得点できない選手の多くは、
型が合わず窮屈なフォームに困っています。

だから、まず身体の仕組みを理解してみてください。
そうすれば、どこの筋肉を使い、どこを支点として、どのように動かせばよいかわかるはずです。

そうすれば、単に型に当てはめるのではなく、
あなたに合った動きを取り入れた、個人スキルを磨くことができます!

2.練習方法だけじゃない!國學院久我山高校の選手たちが
何を意識しているか、プレー中の思考回路まで解説した収録内容

プレー中の思考回路まで解説した収録内容

チームオフェンスに正解はありません。
10チームあれば10通りの効率的な得点パターンがあります。それは選手自身が感じ、作り上げるものです。
つまり、教材に頼るだけでは決してたどり着けません!

だから、このプログラムでは、チームの特性を生かしたオフェンスを形成するための基礎基本の動き・考え方を提供します。

単に、テクニックを教えるのではなく、本質を教える。すると、チーム共通の基礎が出来上がります。さらに、選手自身が頭を働かすことで、チームにあったオフェンスを創り上げることができます!

3.音声解説だけじゃない、実際のプレー動画付きだから、
視覚的にプレーイメージを認識できる!

.音声解説だけじゃない、実際のプレー動画付き

同年代の全国レベルの動きをみて学べます。
ハッキリ言って、理論や指導をするだけならだれでもできます。
しかし、身体の使い方、動きのキレ、プレースピード…
選手たちの向上心を揺さぶり、モチベーションを高めることは、
DVDだからこそできると考えています。

ウェブや雑誌の記事だと、写真しか載っていないので、正解の方法を理解して実践するのは非常に難しい。特にスポーツでは感覚的に理解する部分が多いからなおさらですね。

このDVDでは、コツ・ポイントを論理的に解説するとともに、
動画で実際の動きを確認できます。しかも、正面以外の角度からも
動画を撮っていますので、選手たちのプレーを動画にとって
比較したり、その違いを監督と指導者が確認したり、

練習効率アップとコミュニケーション向上に役立ててもらえる作りになっています。

國學院久我山高校バスケ部のハーフコートオフェンスを伝授!酒井流バスケのコツを詰め込んだ気になるDVD内容

Disc1 前編

Disc1 前編

パス全般のトレーニング

・チェストパス
・オーバーヘッドパス
・ショルダーパス

実践① 対人パス

・2ボールパス
・座った状態でのパス練習
・長距離パス

実践② 3人のボール回し

・逆サイドへのパス
・Vカットリアターン
・ボールサイドカット
・フレアカット

実践③ 4人のボール回し

・Vカットリアターン
・ボールサイドカット
・フレアカット

実践④ 5人のボール回し

・クロススクリーン

スクエアパス

ポストアタック

・ローポストシュートドリル
・ハイポストシュートドリル

2メンサイドでの攻撃

Disc2 後編

3メンサイドでの攻撃
インサイドを起点とした4対4の実践
インサイドを起点とした5対5の実践
インサイドの個人練習
2対2のポジション取り
【特 典】國學院久我山高校のシュート練習

Disc1-1 パス全般のトレーニング

バスケのための身体を作る!
パスに特化したトレーニング方法とは!?

インサイドのオフェンスを活かすためには
アウトサイドでの素早いパス回しが欠かせません。

ここでは、國學院久我山高校バスケ部が実践しているパス全般のトレーニングを解説します。
正しいパスのフォームやパス練習方法はもちろん、
肩甲骨の可動域を広げるストレッチや、パスに必要な筋力トレーニングもご紹介!

プレー時の身体の動かし方を理解して、
バスケに必要な身体作りができる内容なっています!

紹介01

Disc1-2 実践① 対人パス

パス基本トレーニングはこれで完結!チームオフェンスの基礎である「パス」を効率的に身に着ける練習方法とは!?

バスケのパスで求められることは、どのようなことかわかりますか?
それは「強さ・速さ・正確さ」の3つです。
では、いったいどのような身体の使い方をすれば
理想的なパスが習得できるのでしょうか!?

ここでは、基礎トレーニングで身に着けた、肩の可動域や筋肉を使う意識を持つことで、効率的な身体の動かし方をお伝えしています。
正しく身体を使えると、理想のパスが自然とできるようになるはずです!

紹介02

Disc1-3 実践② 3人のボール回し

強豪校たる所以がわかる!
高い意識をもった実践的なボール回し!

ディフェンスが強いと、ボールを受け取ることすら難しい。。簡単にゴールを向くこともできませんよね?

ここでは、そんな試合展開を想定した実践的な
ボール回しの練習をご紹介します。

パスだけではなく、ミート・コート内での基本的な動き方など、「いかに速くゴールに到達するか」を目指す、実践的な練習方法を解説!

強豪校が強豪校たる所以がわかる、練習時の意識が
わかりやすく解説されていますよ?

浮き球のコントロールは難しく、失敗の連続でしょう。しかし、失敗時の状況を的確にとらえ、その原因を探り、次のプレーに生かすことが重要です。技術が必要な練習のため、毎日根気強く続けましょう。

紹介03

Disc1-4 実践③ 4人のボール回し

チームオフェンスの基本的な動きと
各自の役割を確認できる練習方法とは!?

ボールサイドカットやフレアといった動きは、チームオフェンスの基本。オフェンスのきっかけを作るために、しっかりと身に着けておくべき土台になります。

しかし、ただ単に動かし方を覚えるだけではダメ!
試合展開に合わせて、応用ができるようにしっかりと自分の役割・動きの意味を理解する必要があります。

ここでは、基本の動きが身に着くだけではなく、各自の役割や「なぜそう動くべきなのか」を解説!
これを知っているだけで、普段の練習がワンアップする
こと間違いありません!

紹介04

Disc1-5 実践④ 5人のボール回し

インサイドを活性化させるために…
スクリーンを取り入れた練習をご紹介!

インサイドを活性化させるためには、スクリーンは必須。
しかし、せっかくローポストでボールを受けることができても、そこから上手く展開できなければ意味がありません。

そこで、ここではインサイドからアウトサイドへ、
そしてアウトサイドからインサイドへのボール回しを解説。
中と外のボールの出し入れがチーム全体で浸透すれば、
バリエーション豊富なオフェンスを展開できるはずです!
ただのボール回しではなく、実践的にボール回しを練習するための意識やポイントも理解できますよ。

紹介05

Disc1-6 スクエアパス

どのチームも行うスクエアパス!
強豪校が魅せる意識の違いとは!?

スクエアパスはどのチームでも行っている基本的な練習メニュー。だからこそ、意識の違いで効果が大きく変わってきます。
そこで質問です。あなたのチームでは、どんな意識でスクエアパスをしていますか?また何を習得するために、どんな基準で良し悪しを判断していますか?

基本メニューは慣れも出てきて、ただでさえ意識が低下しがちです。この動画を見れば、強豪校がどこにこだわり、
何を良しとして、どんな目的で練習しているのかがわかります。当たり前の練習を、高い意識で行うためのきっかけになることを願っています!

紹介06

Disc1-7 ポストアタック

インサイドオフェンスの要!
ポストアタックに特化したシュートドリル

インサイトにボールが入った後、素早くゴールに向かうために特化した練習を解説!
インサイドではターンをしていると、ディフェンスが寄せてきて、シュートをブロックされてしまう…。相手ディフェンスが強ければ、なおさら一瞬の速さが求められます。

そこで、効率的にインサイドから得点を重ねるためのシュートドリルをご紹介します。これを習得できれば、インサイドでボールを受けたときに、真っ先にシュートの選択をできるようになるはず!シュートブロックに悩んでいる方は必見の練習メニューになっています。

紹介07

Disc1-8 2メンサイドでの攻撃

インサイドに特化した2メン攻撃!

インサイドで重要なことは何かご存じでしょうか?
もしあなたが、ボールを受けてから、どうしようか?と
迷ってしまうのであれば、重要なポイントを理解していない可能性が高いです。

ここでは、インサイドにおけるオフェンスの考え方を実践的に身に着けることができる練習メニューを解説!
酒井監督の細かな指導内容から、インサイドでの頭の使い方、バスケ脳を育てることができれば、効率的に得点を重ねることができるようになるはずです!

紹介08

Disc2-1 3メンサイドでの攻撃

アングルを活かしてパスで崩す!
インサイドで得点を重ねるポイントを紹介!

3メンサイドでの攻撃は、アウトサイドの選手が2人になるため、そのアングルを活かして攻撃することが大切です。
ここでは、「アングル」と「位置取り」に焦点を当てて
ハイプレッシャーを受けても、インサイドから得点を重ねるための練習方法を解説しています。

インサイドにパスが通せない、とお悩みのチームにとっては、3メンから基礎を身に着けることができるので、おすすめの練習メニューです。ぜひ参考にしてください。

紹介09

Disc2-2 インサイドを起点とした4対4

オフェンスの主導権を掴むために!
実践的なインサイド起点の攻撃練習とは?

インサイドを制するチームは、ゲームを制する。インサイドが起点になることは、イージーバスケットで相手を攻略できる可能性が広がるため、チームの勝敗に直結するくらい大切なんです。しかし、うまく連動できない選手や、そもそも攻め方の基礎を理解していないチームも多いでしょう。

ここでは、今まで練習した2メン、3メンサイドの攻撃を連動させることで、インサイドから得点を狙う練習方法を20分にわたり、徹底解説しています。基礎の動きをチームで浸透させ、効率的に得点を重ねるために必要な 実践的な能力を高めることができます。

紹介10

Disc2-3 インサイドを起点とした5対5

ここが勝つチームと負けるチームの違い!パッシングだけで相手を崩せる実力を習得できる練習方法を大公開!

勝つチームと負けるチームの違い。それは「どれくらいパッシングスキルが高いか」というパスの力です。バスケでは、個人のドリブルスキルが注目されがちですが、ドリブルはボールロストのリスクが高いため、まずはパッシングで相手を崩すことが理想的。その理想を習得するために酒井監督が編み出した練習方法を大公開しています。
このオフェンスの展開をスムーズにできれば、それをベースとして、相手の逆を突いたり、次の動きを素早く判断したりできます。

この練習では、ボール回しだけでなく、各ポジションの位置取りや周辺視野を重要視しています。スペースが狭く、プレーも限定されているからこそ、フィールドの全員を把握して、得点のチャンスで決めやすいスキルを身につけることができますよ。

紹介11

Disc2-4 インサイドの個人練習

ゴール前まで行っても、シュートでフィニッシュできないと困っていませんか?

ローポストでボールを受けても、ゴール前でディフェンスにマークされ、シュートでフィニッシュできないチームは多いです。その理由は、インサイトでの選択肢が少ないから。さらに言えば、ディフェンスに負けないコンタクトを練習できていないからです。アウトサイドのシュートとインサイドのシュートでは、得点につながるシュートには大きな違いがあります。

この練習は、インサイドでの得点力アップに特化した個人メニューを複数紹介しています。1人でできるメニューになっているので、インサイドの選手は基礎トレーニングとして、ぜひ取り入れてほしい練習メニューです。

紹介12

Disc2-5 2対2のポジション取り

ボールを持っていないとき、ぼーっとしていませんか?オフザボールの動きこそ重要です!

自分がボールを持っていない時、あなたは何を意識していますか?

バスケットボールではボールを触っている時間の方が圧倒的に短いです。そのため、オフザボールの動きこそ、重要なことを知っていますか?チームが組織として連動するためにも、オフザボールの動きは大切です。特にインサイドは、ジャンケンのようなもの!有利なポジション取りが勝敗に直結します。このトレーニングでは、このオフザボールの位置取り、そしてアウトサイドとの連動に 特化した内容になっています。

紹介13

Disc2-6國學院久我山高校のシュート練習

インサイドを活かすのはアウトサイド、より効率的に得点を重ねるためのアウトサイドプレーヤーの練習メニューをご紹介!

近年のバスケットボールでは、アウトサイドからの得点力が重要視されています。外の得点力があれば、中のスペースを広げることができるため、さらにインサイドのオフェンスが活性化します。

そのために、ここではアウトサイドのプレーヤーのためのシュートドリルをご紹介。基本的なシュート練習はもちろん、トランジションでの得点力、さらにシュート時に必要な筋肉を鍛え、バスケのための身体作りができるフットワーク練習も徹底解説しています。毎日繰り返すことで、個人スキルを向上できるので、ぜひ練習に取り入れてみてください。

紹介14

気になる価格は?~

高校バスケは夏のインターハイと冬のウィンターカップと2つの大きな大会があります。さらに、八村選手をはじめ、NBA日本人プレーヤーが登場し、たくさんの注目を集めています。しかし、トップレベルの外部コーチを募集することは難しく、一方でクラブチームやユースへの加入は、金銭・環境面でのハードルが非常に高いでしょう。
高校の部活において、質の高い指導を受けるには問題が山積みです。
その問題を解決してくれるのが、『インサイド起点のハーフコートオフェンス』です。
手頃な価格で、高校トップレベルのチームの練習・指導方法を知ることができますよ。

さて、気になる価格ですが、これはとても悩みました。なぜならば、日本高校バスケの
トップレベルの指導をどなたでも、全国どこにいても受けることができる
からです。

國學院久我山高校をインターハイ8度の出場・ウィンターカップ3回出場に導いた、
酒井監督のバスケ指導には、確かな実績があります。バスケの基本的な考え方や動き方といった、ノウハウが詰まった指導内容で、チームのレベルをぐんぐん上げることができます。

しかし、酒井監督は 「日本高校バスケの発展の為に、貢献をしたい」と考え、多くの人に『効果的なトレーニング方法・正しい知識』を伝えたいと考えていらっしゃいました。

そんな酒井監督の気持ちに応えるべく、金額に関しては17,000円(税別)に設定しました。

いままで、試合に負けて悔しい思いをしたこともあったでしょう。これからは、そんな悔しさや、負けへの不安がなくなり、楽しくプレーできるようになれますよ!
そのための投資だと思えば、17,000円(税別)は決して高くないはず。もちろん、分割のお支払いも対応しております。

このDVDを実践して、多くの中高生の方に長く楽しくバスケに打ち込んでほしいと願っています。

さらに、今回2つの特典を用意いたしました。成果を出して頂くための特典になります。

個別メールサポート

酒井監督のアドバイスを「直接」受け取れます!

弊社トレンドアクアのバスケスタッフがお悩みや困りごとをサポートします。

DVDで練習方法やポイントを理解しても、実際にやってみると

「失敗の原因がわからない!」 「この場合はどうすればよいの?」 と思うことが必ずあります。

そこで、このプログラムを通して、 『確実に上達を実感していただく』ために酒井監督に直接ご質問・ご相談ができる個別のメールサポートを特典とします。

皆様には、ぜひこの機会を逃してほしくありません!

サポート期間 : ご購入日から180日以内
サポート回数制限 : 無制限
サポートの連絡方法 : 購入後メールでご案内します。

返金保証

まだお悩みの方へ…!
この教材は180日間お試しできます!

100%全額返金保証

「あなたに安心してDVDプログラムを手に取って頂きたい」
そう思い、この全額返金保証をご用意致しました。
もし、このDVDの内容を実践しても効果を実感できなければ…
ご購入日より90~180日以内であれば、代金は全額お返し致します。

もし、あなたがDVDの内容を十分実践されたにもかかわらず、結果が全く出なかった……という場合には、ご購入日より90日~180日以内に弊社までメールにてご連絡ください。その後、お送りしたプログラム一式をご返送いただければ、返金の手配を取らせていただきます。返金は下記の3条件を全て満たした方になります。

1.購入日から90日~180日以内に連絡をいただいた方

2.期間内にメールサポートを5回以上利用した方

3.過去に弊社商品購入後、返品返金特典を利用したことがない方

※返金の際にはメールで「名前・購入日時・口座情報」の3点を教えていただければ、返品確認後、 お支払いいただいた費用から、返金手数料(756円)を差し引いた金額を10営業日以内にご指定の銀行口座にお振込みさせていただくことをお約束します。

返送にかかる送料はお客様でご負担願います。上記規定以外のお客様都合による返金は一切認められませんので、ご了承くださいませ。また、中古販売、キャッシュバックサイト等から購入されたお客様はサポート対象外になりますので、返金も対象外となります。

ご覧の通り、今回は返金保証も付けました。なぜなら、このDVDを見て、その通りに練習すれば、今より絶対に上手くなると確信しているからです。

商品説明

価格17,000円(税込:18,700円)

※別途送料540円
※180日間の返金保証付き。内容に満足しなければ、返金いたします。
DVD2枚組 配送版 収録時間
Disc1:101min , Disc2:89min

ここをクリックして今すぐ申し込む

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
【お問い合わせ窓口】

03-6869-5568(平日:9時から18時受付)

【株式会社トレンドアクア スポーツDVD事業部】

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
そのため、中古販売、キャッシュバックサイト等から購入されたお客様はサポート
対象外になりますので、ご注意ください。

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込、郵便振込、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい。

<発送について>

発送について

  • 注文確定日の翌営業日に発送します。(日曜、祝日および年末年始を除く)
  • 申し込み集中により、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
    その場合は順次発送します。
  • 配送会社はクロネコヤマトDM便です。郵便ポストへの直接投函となります。
  • 配送方法および配送日時の指定はできません。あしからずご了承くださいませ。
  • DM便での発送ですので、注文確定日から到着までは、2~4日かかります。

最後に私の想いを聞いて下さい

酒井 良幸

酒井監督の『インサイド起点のハーフコートオフェンス』は、
高校バスケの全国トップチーム、國學院久我山高校を牽引する、
オフェンスの基礎トレーニングを、余すことなく詰め込んでいます。

同校卒業生の中には、Bリーグで活躍し、日本バスケの発展に貢献されている選手や、卒業後もバスケに親しんでいる方が大勢いらっしゃいます。

今回のDVDは、酒井監督の20年を超えるバスケ指導経験、そして身体の動かし方から理解できるトレーニング理論・方法を解説しています。

効果的な身体作りの方法や、パス・シュートといったデイリートレーニングから、チームプレーの練習まで、各メニューで意識すべきポイントは、専門家の指導を聞かないとわからない部分も多いはず。
DVDに収録されている練習方法や指導内容から、自分たちの足りない点に気付き、問題解決の手助けとなれば幸いです。ひいては、チーム全体で基礎スキルを身に着けて、指導者と選手たちで考えながら、チームオフェンスを作り上げる楽しさを味わってほしいと思います。

高校生の皆様には、スキルの習得や試合の勝利だけではなく、バスケの経験自体を人生の糧としてほしい。またプレーだけではなく、物事の考え方や取り組み方・効率的なアプローチ方法といった点も学んで頂きたいと思います。

今回のDVDが多くの方の手に渡り、高校バスケに関わる様々な方のお役に立てると幸いです。

酒井 良幸

よくあるQ&A

1人でもできる練習メニューはありますか?
基本的にはチームメイトと2人で行う練習がメインです。しかしDisc1では身体作りやパス・シュートといった個人スキルの練習を解説しているので、1人で実践できるメニューもあります。
バスケを始めたばかりの初心者ですが、大丈夫ですか?
問題ありません。むしろ、バスケにおける身体の動かし方や、オフェンスの基本を大切にした練習を紹介しているので、初心者の方にこそ、見て頂きたい内容になっています。
小学生や中学生でも大丈夫でしょうか?
本DVDでは、酒井監督の提唱する練習方法やコツを、わかりやすい言葉で解説しています。そのため、高校生以下のお子様にも理解しやすい内容になっています。
身長が低くて、フィジカルがなくても大丈夫ですか?
問題ありません。身長が低いという点も、その選手、ひいてはチームの個性です。
スモールバスケットでも勝てるチームを形成する基礎作りのために、当DVDを活用してみてください。
全国レベルの指導法と聞いて、ついていけるか不安です。大丈夫でしょうか?
問題ありません。酒井監督の指導内容は、基礎基本を大切にしています。そのため、難易度の高い戦術やプレーの練習ではなく、無駄のないプレーや身体の使い方を解説し、基礎の質を引き上げる練習メニューになっているので、どなたでも安心して取り組めます。
領収書の発行は可能でしょうか?
可能です。商品に領収書を同封しておりますが、購入者と違う名義での領収書がご入用の場合は、購入後にお問い合わせください。ご入金確認後に商品とは別に送付いたします。
商品説明

価格17,000円(税込:18,700円)

※別途送料540円
※180日間の返金保証付き。内容に満足しなければ、返金いたします。
DVD2枚組 配送版 収録時間
Disc1:101min , Disc2:89min

ここをクリックして今すぐ申し込む

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
【お問い合わせ窓口】

03-6869-5568(平日:9時から18時受付)

【株式会社トレンドアクア スポーツDVD事業部】

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
そのため、中古販売、キャッシュバックサイト等から購入されたお客様はサポート
対象外になりますので、ご注意ください。

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込、郵便振込、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい。

<発送について>

発送について

  • 注文確定日の翌営業日に発送します。(日曜、祝日および年末年始を除く)
  • 申し込み集中により、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
    その場合は順次発送します。
  • 配送会社はクロネコヤマトDM便です。郵便ポストへの直接投函となります。
  • 配送方法および配送日時の指定はできません。あしからずご了承くださいませ。
  • DM便での発送ですので、注文確定日から到着までは、2~4日かかります。